保科豊巳副理事長の個展、中国・南京で開幕

 当協会の副理事長で東京芸術大学副学長の保科豊巳氏の個展「黒暗の光」が9月23日、中国・南京芸術学院美術館で開幕した。保科氏の芸術家としての哲学思想、禅宗の世界観や「日本の死の美学」を表現したもので、多くの中国メディアに取り上げられるほどの反響ぶりだ。

【雅昌新聞】保科丰巳:日本后物派艺术中的禅学机辩和生死观

人民網、SHANBARAで開催中の東渡仏教美術展を紹介

 中国・人民日報のインターネット版である「人民網」は3日、東京・根津のギャラリーSHANBARAで開催されている「東渡仏教美術展」を紹介する記事を掲載した。記事の中で記者(田泓)は、この展示会を通して仏教芸術をより詳しく理解できるなどと記している。同展覧会は今月末まで開催される。
people

东京艺术空间SHANBARA举办东渡佛教文物展